ゴールドカード情報ウェブ TOP → ゴールドカードの審査基準 クレジットヒストリー

クレジットヒストリー

クレジットヒストリーとは、これまでカードを利用した際の利用頻度や返済状況などの履歴のことを言います。

クレジットヒストリーは、ゴールドカードの審査だけでなく、クレジットカードの入会審査の際にも、必ず参照される項目です。今持っているカードの利用状況なんてわからないんじゃないの?!と思うかもしれませんが、利用頻度や返済状況などは、全てクレジットカード会社が加盟している個人信用情報機関に提出されて記録されているのです。

債務残高が多い、債務支払いの延滞がある、過去半年以内のカードの申し込みが多いというようなクレジットヒストリーがある場合は、マイナス要因となってしまいますので、審査に通りにくくなります。それとは逆にカードの支払いを滞ることなく、毎月きちんと支払っていれば、優良な顧客とみなされて、ゴールドカードの審査でも有利にはなります。

クレジットカード発行元には、会員のカード利用明細や支払い状況の詳細が記録として残りますので、優良なクレジットヒストリーをつめば、その会員の年収や利用状況に応じて利用額も上がります。ゴールドカードはもともと通常のカードよりも利用額が大きいですが、さらにアップするのです。

もし、現在使用している一般カードを、ゴールドカードにアップグレードしたいというのであれば、過去に延滞などしていないか、どれぐらいの期間で、どれぐらいの金額を利用しているかということが重要になりますので、チェックしてみて下さい。


ゴールドカードの審査基準


ドレスレンタルの
http://www.rakuten.co.jp/rentalnana/

筆耕
筆耕なら書道サービスで!