ゴールドカード情報ウェブ TOP → よくある質問 ゴールドカードの所有率は?

ゴールドカードの所有率は?

ある調査によると、ゴールドカードというのは国内で500万人以上所有していると言われています。この人数は日本の人口の約1/25、単純に計算すれば、日本人の25人に1人はゴールドカードを持っているという計算になります。

ですが、実際にはゴールドカードというのは平均すると30歳以上の方が所有していることが多いので、30歳以下の人を省けば持っている人というのは限定されることになります。その結果、一般のクレジットカードの所有率を100%だとすると、ゴールドカードの所有率はおよそ13%程度であるということになります。

30歳以上の大人の、10人に1人以上はゴールドカードを所持しているということになります。2枚以上保有している人も当然いらっしゃいますが、このように考えますとかなり多くの人がゴールドカードを所持していると言えるのではないでしょうか。

ゴールドカードの所有率が10%少しであるのに対して、クレジットカードの所有率は80%以上もあると言われています。こうして数字にしてみるとずいぶんと差があることがよくわかります。

データを見ますと、ゴールドカードを持つという事は、日本で10人に1人の選ばれた人だと認められたということにもなります。それほどまでに審査は厳しい内容となっており、所有することによるステータスの確立が約束されているのです。


よくある質問


ピアノ買取の際は札幌のこちらへ
http://www.piano-inoue.com/